*:..。小さな日々の小さなこと..:*

  スウェーデンで過ごす日々の小さなこと。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2012*12*08 Sat
07:01

子供が眠りにつく時に

最近の幸せ。

子供がベッドの中で眠りに落ちる瞬間をこっそり薄目を開けて横で見てる時間。

2才2ヶ月になった息子は毎日元気いっぱいにそこらじゅうを走り回り
誰かとおしゃべりしているのか独り言なのか時おりスウェーデン語を交えたジブン語でしゃべるしゃべる。

ベッドに入ってからももっと遊ぶー!と怒って泣いて。疲れて電池切れになるまでそれが続く。
疲れたら、おとなしく天井を見つめたり私にくっついてきてぼーっとして。

その後、こてん、と眠る。
目を少しずつ閉じて、本当に数秒で、こてん、しーーーん。

今までいたおもちゃ箱をひっくり返したような賑やかな場所とは別の世界に行く。

私はその瞬間を見るのがたまらなく好き。
眠っている子供にぎゅーっとしたりほっぺたを撫でたりするのは至福の時間。
だけど。

その後にちょっと落ち込む。

今日はちょっと怒りすぎてしまったんじゃないか とか
学校の宿題が終わらないからとテレビを見せすぎて大反省 とか
私全然ベストな育児が出来てないよー とか

でも子供にとってのベストな子育ての在り方って私が思ってるそれと果たして同じなのかしら。
子育ってって難しい。

子供が生まれてから、いつも何かに試されているような気がする。親であるということを。

邪気のないまーーーっすぐな目で、今だけを生きてるちっちゃなエネルギーの塊に教わることばかりだけど。


子育ては難しいけれど、いつか彼が大きくなった時に親に愛されて育ったと
心にひとつの曇りもなく言ってもらえるように暮らしていきたいです。


IMG_20120519_164640.jpg




スポンサーサイト
*

2011*05*20 Fri
03:49

つれづれ日記

はつなつの花咲く季節になりました。

悠人 スウェーデン 159




















リンゴの木には満開の白い花。

悠人 スウェーデン 186



息子はオクラとおでんくんが好きという渋好みっぷりを発揮しつつ、もうすぐ9ヶ月。

カフェで隣のおばあちゃんに笑いかけたり、赤ちゃん教室で突然横の赤ちゃんの腕を掴んだり。人見知り知らずです。

悠人 スウェーデン 164


おしゃべりも増えてきて、「バーバー」と一人でよくお話しています。
たまに「ババァ」と聞こえてドキっとしたり。


何をおしゃべりしていたのか、私達の言葉を話すようになったら聞いてみよう。


そして最近の食欲ったらすごいです。
食事用のベビー椅子に座らせると、口をぱくぱくしたり
ヒナのように口を大きく開けて待っているほどの食いしん坊。



スウェーデンにはVälling(ヴェーリング)と呼ばれるベビーフードがあります。

悠人 スウェーデン 204

とろとろの液体で、原材料は全粒粉やオートなど。
ビタミンやミネラルが入っていて栄養てんこ盛り食品とされているようです。

先日、メーカーから試供品が送られてきたので試しにあげてみたところ、かなり気に入った様子。

100ccをものすごい速さで飲み干し、もっとよこせとばかりに私の腕を掴んで怒ってました(笑)


離乳食もモリモリだし、少しずつお乳離れの日を目指すことに。
なかなか一筋縄では行かないでしょうが・・。

産後すぐから今日まで、2,3日おきにできるしこり、乳腺炎、乳口炎、乳栓(乳首からゴマみたいなのが出る)などあらゆるお乳トラブルに見舞われっぱなしの授乳生活。

食事に気をつけ、体を温め、お乳に良いとされるゴボウの種を毎日飲んでも、なおトラブル続き。
しかもこのゴボウの種、多少効果はあるのですが毎回心が折れそうになるほどマズいです。

食事内容を制限してるため、体重は妊娠前より6キロ減。BMI数値16まで下がりました。とほほ。
でも食べると詰まる・・ジレンマです。

前世で私、おっぱいイジメでもしたのかなーとうつむき加減でカルマの法則を疑う今日この頃。
頭の中がおっぱいでいっぱいなトラブルとの闘いの日々についてもそのうち書きたいと思います。


なんだかとりとめのない内容になってしまいましたが、とにかく私は元気です。



元気でいてね。











*

2011*01*18 Tue
09:02

きっと大丈夫。

こんにちは。

先々週、スウェーデンに戻ってきました。

帰ってきたら家の周りはビックリするほど雪が積もっていて、毎日のように除雪車が出ていました。

外に置きっ放しのたくさんの自転車も三角屋根の建物もすっぽりと雪に包まれています。

24502568_535528038_1large.jpg


そして、やっぱり、さむーい。

ただいま冬篭り中です('-'*)




そんな中、息子の四ヶ月検診へ行ってきました。


生まれて4ヶ月と15日目で、身長66�、体重6,04�でした。




体重は平均より少なめです。身長は高い方らしく、生まれたてから14�伸びました。



でも、一番すくすく伸びているのは、髪の毛。

悠人(日本) e


横はもう2回、カットしています。ふふふ。伸びるの早すぎ。


特に問題なく育っていて、一安心です。



子供を産んでから、私はすっかり臆病モノになりました。


朝起きて、この子が冷たくなっていたらどうしよう。
とか


様々な杞憂で

あっという間に頭の中はいっぱいになって、眠れなくなったりします。




そんな夜は、息子の手を握って眠ります。

小さな手は確実に温かくて、規則正しい鼓動が伝わってきて

きっと大丈夫、と思わせてくれる小さな手の大きな力に助けられて眠ります。


親が子供を守るものだと思っていたけど

すっかり私は子供に守られているなあと感じる冬の夜


今日もいのちに感謝して おやすみなさい。
















*

2010*10*11 Mon
20:17

HAPPY BIRTHDAY

9月1日、スウェーデンの大学病院にて、男の子が生まれました。

所々意識が朦朧としていたのですが、今のうちに覚えていることを出産記録として書きます。

8月31日 
19:00
夕食を食べた直後からお腹が痛くなる。不規則な間隔で度々痛み、徐々に痛みが強くなる。これが陣痛?
22:10
日本から来ていた姪に痛みの間隔を記録してもらう。10分間隔からだんだん短くなっていく。

9月1日
0:00
痛み緩和のためお風呂に入る。お湯の中に入っている間はなぜか痛みが和らくが、出た途端に激痛。服を着るのも辛い。
1:30
陣痛5分間隔。だんなさんに病院に電話してもらう。すぐ来て下さいとのことでタクシーを呼ぶ。
運転手さんに初めての子供?などと朗らかに質問されるけど答える余裕なし(泣)

5分で病院到着。
かなり痛いのに、子宮口はまだ開き始めたばかりだそう。ひえー。
もう5cmくらいいったかと思ってたのに、甘かった。

分娩室に入る。痛みが和らぐと勧められて、まずシャワーを浴びる。
温かいお湯をお腹に当てると一瞬痛みが消える。
その後、陣痛の強さと赤ちゃんの心拍数を測る装置をつける。
陣痛が来ると数値が高くなるのだけど数値が上がるのを見ると余計に痛くなるような気がしたので、見ないようにしてました。

7:20
夜通しの痛みと疲れで頭がボーっとする中、痛すぎて吐いてしまう。呼吸法も効かなくなり笑気ガスを始める。意識が朦朧とするので痛みが和らぐけど、次第に慣れてしまい効果が薄れていく。
陣痛の合い間には眠気で、陣痛中は痛みで辛い。旦那さんが陣痛に合わせて腰を押してくれて少し楽になる。
痛みを逃そうと、笑気ガスのコードを強く握ったら勢い余って機械からコードを引き抜いてしまった。

8:30
エピデュラル(硬膜外麻酔)を開始。子宮口は7cmまで開く。

麻酔が効き始めるとあれよあれよという間に痛みが引く。エピデュラルバンザーイ!
赤ちゃんなかなか降りてこないらしく、特大のバランスボールに乗ったり、ひたすら腰を振り続ける。
その合い間に、助産師さんが音楽をかけてくれたり、飲み物を持ってきてくれたりする。その後子宮口全開。

15:00
陣痛開始から20時間、ようやく「いきんでよし!」と言われる。もう少しだ。
体力消耗しきっていたはずなのに、早く会いたくて焦ってしまい、陣痛が来ていない時もいきんでなだめられる。
赤ちゃんの頭が見えた途端、助産師さんに「わ!髪の毛の多い子ね!」とビックリされる。

15:20
数回のいきみで、するん、と赤ちゃんが出てきた!髪の毛ふっさふさの男の子。元気な泣き声。
すぐに私の胸の上に乗せてくれる。ウェッウェッと泣きながらしがみついてくる。
すごく情けなくてすごく可愛い生命力の塊。

続いて胎盤が出てくる。「見たい?」と聞かれ、はい。と言うと持ち上げて見せてくれる。
「これが表側で~」と説明付き(笑)赤ちゃんを守ってくれてありがとう、とレバーのような風貌の胎盤にお礼を言った。

会陰縫合の処置後、すぐに家族3人だけにしてくれる。
家で待機していた母と姉、姪っ子(小学3年生。学校をお休みしてはるばる来てくれた!)を呼び、ご対面。

18:00頃
赤ちゃんの処置をして病室に移動。
スウェーデンでは、出産後最短6時間で退院できるのですが
私は授乳指導を受けたりして、結局4日間入院しました。
でもその間一度も赤ちゃんと引き離されず、家族3人で個室で過ごすことが出来てとても良かったです。

今振り返ると、痛くて辛くて「なんじゃこりゃ~!?」って何度も思ったはずなのに、お産、楽しかったなぁ。。と感じます。
特に助産師さん達の励ましが終盤はとっても心強く、お産に対する不安を払拭してくれました。

よくお産は鼻からスイカを出すほどの痛みだといいますが、私はエピデュラルを入れたので、鼻からアボカドくらいの痛みだったのかな~と思います。

息子は毎日元気にオナラばっかりしています。
無事に生まれてきてくれて感謝です。すくすく育ちますように。

DSCF2390 - コピー





    *

2010*08*16 Mon
23:39

はじめて。

フィリス川

今朝は、私の住む街の中心を流れる川を渡って

妊婦検診に行ってきました。




帰り道、パン屋さんでリンゴジャム入りパンを買って、川沿いで

笑えるほど粘着質なハチと戦いながら朝ごはん。




きっとたぶん、あと2週間くらいで子供が生まれます。



無事に生まれてくれるかなー、とか

どんな顔してるんだろー、とか 

ちゃんと育児できるのかしらー、とか



ぐるぐる考えているせいか

最近ヘンな夢ばかりを見ます。



昨日見た夢は


生まれてきた赤ちゃんが緑色の怪獣で

分娩室のあちこちに火を吹いて、火消しに回って走る、という夢



現実では人間が出てきてくれる・・ハズ。



早く会いたい気持ちと出産というイベントへの

緊張感で気持ちが高揚しているのか

足の小指をテーブルの角にしこたまぶつけたり

脳内ループ曲が小樽潮音頭だったりして

なんだか変。なんだか落ち着かない。



でもこんな気持ちになるのって

もしかしたら一生に一度かもしれないので

大事に覚えておきたいなぁと思うのです

*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。