*:..。小さな日々の小さなこと..:*

  スウェーデンで過ごす日々の小さなこと。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2012*05*05 Sat
06:28

My son under the sun

ゆっくりと新緑の季節がやってきました。

冬を乗り越えた木々がほんの数日でぐっと葉を連ねる様に、太陽の力強さ、自然のすごさを感じます。

まだ芽吹いていないのんびりな木々もありますが、それはそれで趣があります。



人間もたっぷりと光合成。


kaw.jpg





したたるように降り注ぐ太陽の光を全身で受け止める私達のアパート。


お家の写真






太陽をいっぱい飲み込んで、全身で発散させているような我が家のおチビさん。


My son under the sun



スポンサーサイト
*

2011*04*17 Sun
20:36

お散歩日和②

ここ数日、すっかり春の陽気のスウェーデン。

ストックホルムにあるガムラ・スタン(旧市街)を歩きました。

悠人 スウェーデン 108




お土産屋さんのある通りは大賑わい。

悠人 スウェーデン 093





ガムラ・スタンにはちっちゃな路地がたくさんあります。

悠人 スウェーデン 085




こんなトンネルがあったり。

悠人 スウェーデン 083




せまーい階段。迷路のような街です。

悠人 スウェーデン 096




アイスクリーム屋さんの前には可愛い女の子。

悠人 スウェーデン 097



ベビーカーを押しながら歩く人たちの姿もちらほら。

悠人 スウェーデン 065

子供を持つ女性も仕事をしているのが当たり前のスウェーデン。
パパも育児休暇が取れるので、こんな光景も珍しくありません。素敵です。






港を抜けてスルッセンという地区へ向かい、この日の散歩はおしまい。

悠人 スウェーデン 070



港を見ると、時々繰り返し見る夢を思い出します。

夢の中で私は今より少し年をとっています。
一人で海のそばの小さな町に住んで、魚の加工工場で働いています。

身の丈に合った小さな部屋を借りて
朝起きて、お弁当を鞄に入れて、仕事して。

ただ淡々と生活している夢です。

魚の鱗がキラキラと陽を浴びて
蜃気楼の向こうには釣りをする人々の姿。

なぜかいつも同じ情景で、妙にリアリティのある夢。



ところが最近は少し様子が違って

鞄の中から出てくるのは
お弁当ではなく、今より少し成長してる息子。

お弁当だったはずの息子は
鞄から勢いよく飛びだして、私の足元で遊び始めるのでした。



悠人 スウェーデン 106













*

2011*02*02 Wed
02:19

お散歩日和

とてもいいお天気だったのでベビーカーを押して
大聖堂までお散歩に行きました。

悠人 スウェーデン 030



日頃、洗礼式が行われていたり、コンサートなどのイベントが開催されてたり
訪れる人も多い大聖堂なのですが、今日は工事中だったせいか人も少なくとても静かでした。

悠人 スウェーデン 052



訪れた人が5Krの寄付金を箱に入れて灯すキャンドルも今日は何本かひっそりと灯っているだけでした。
(いつもはもっと賑やかに灯っています。)

悠人 スウェーデン 040



この蝋人形の女性。顔のシミや血管まで細部に渡って精巧に造られていて
何度見ても一瞬本物の人間に見えてドキッとしてしまいます。

悠人 スウェーデン 046




私はキリスト教徒ではありませんが、ここに来ると
心が湖のようにしんとして、厳かな気持ちになり、傍らに神様を感じます。

この感覚に出会いたくて、ここに来るのだと思います。


息子はべビーカーに揺られ、ひたすらお昼寝していましたが
もう少し大きくなったら、一緒にゆっくり見てまわりたい場所のひとつです。



だんだん日が長くなり、16時を過ぎてもまだ明るいです。
春の空に一歩ずつ近づいているようで、嬉しくなりました。

悠人 スウェーデン 070































*

2010*08*24 Tue
10:20

Pantmaskin

ぱんと 004

スウェーデンのスーパーにはPantmaskin(パントマフィーン)
という機械が設置されてます。
使用済みのペットボトルや缶をこの機械に入れるとデポジットが
金券となって戻ってくるシステムです。

返金額は500mlのペットボトルで1kr(約12円)
金券は換金したり、レジでの支払いの一部として利用できます。

消費者は商品購入時にはデポジット込みで購入してるので
元々余分に払ってるお金を返金しに行く→あら?リサイクルに貢献♪
っていう仕組み。

スウェーデンの廃棄物政策って、うまいです。

個人のエコ意識は、日本人も十分高いと思うけど
缶メーカー等からの反発もあって、日本ではデポジット制度
導入はなかなかうまくいかないそうです。

でも環境先進国のこの国、意外にもエコバッグを
持っている人ってあまり見かけません。
レジ袋は有料ですが、買ってる人が多いです。

スウェーデン製のエコバックを買ったという友達にこのことを
告げると、なんか裏切られた気分・・と電話口で呟かれましたw






ところで最近、体が油を欲して仕方ない。
臨月に油中毒ってどうだろう

そのうち毛穴という毛穴から油が流れ出てくるんじゃないだら?・・と
恐怖におののきながら、今日も懲りずに揚げました。



今夜のごはん。

ぱんと 007

どどーん!鳥天と、帆立の炊き込みごはん。

ブログ用にお上品に盛ってみたけど
実はこの3倍は食べてるし。


箸置きも普段使わないですが、今日はカッコつけごはん。







最後に、日本に持って帰りたいこの町の夕暮れピンク空。

コピー ~ yuyake3

*

2010*08*20 Fri
18:53

乳。

日本はまだまだ暑さが厳しいようですが

スウェーデンはここ数日、すっかり秋めいてきました。


秋といえば、食欲の秋


でも妊娠してから13キロも太った私は「年中☆食欲」と書かれた

看板を背負っているようなものですが


なんでこんなに体重が増加しているかというと・・

鉄剤を飲んでいるがための、、

娩ピ(異口同音にて自主規制)が一因かと。



穏やかなお腹で毎日過ごしたいのにっ!

穏やかに!穏やか・・穏・・お?


344.jpg

じゃーん。そんな時は「ONAKA」

「穏」の文字が素敵。

これはFilというヨーグルトのような食品。

味も見た目もほぼヨーグルトですが

使っている菌が違うみたいです。


「ONAKA」というネーミングは

使われているビフィズス菌が日本でよく使うものだからとか。



赤の広場の宮殿らしきデザインが施されている「KEFIR」は

ロシアでよく使われる菌ってことなのかな。

345.jpg


スウェーデンは、乳製品が安くて美味しい。乳好きとしてはありがたいです。


いつも飲んでいる牛乳。Arla社はパッケージが可愛い。

349.jpg

ヨーグルト。レモン味。

348.jpg

このおばあちゃんは誰でしょう。






*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。