*:..。小さな日々の小さなこと..:*

  スウェーデンで過ごす日々の小さなこと。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2012*12*08 Sat
07:01

子供が眠りにつく時に

最近の幸せ。

子供がベッドの中で眠りに落ちる瞬間をこっそり薄目を開けて横で見てる時間。

2才2ヶ月になった息子は毎日元気いっぱいにそこらじゅうを走り回り
誰かとおしゃべりしているのか独り言なのか時おりスウェーデン語を交えたジブン語でしゃべるしゃべる。

ベッドに入ってからももっと遊ぶー!と怒って泣いて。疲れて電池切れになるまでそれが続く。
疲れたら、おとなしく天井を見つめたり私にくっついてきてぼーっとして。

その後、こてん、と眠る。
目を少しずつ閉じて、本当に数秒で、こてん、しーーーん。

今までいたおもちゃ箱をひっくり返したような賑やかな場所とは別の世界に行く。

私はその瞬間を見るのがたまらなく好き。
眠っている子供にぎゅーっとしたりほっぺたを撫でたりするのは至福の時間。
だけど。

その後にちょっと落ち込む。

今日はちょっと怒りすぎてしまったんじゃないか とか
学校の宿題が終わらないからとテレビを見せすぎて大反省 とか
私全然ベストな育児が出来てないよー とか

でも子供にとってのベストな子育ての在り方って私が思ってるそれと果たして同じなのかしら。
子育ってって難しい。

子供が生まれてから、いつも何かに試されているような気がする。親であるということを。

邪気のないまーーーっすぐな目で、今だけを生きてるちっちゃなエネルギーの塊に教わることばかりだけど。


子育ては難しいけれど、いつか彼が大きくなった時に親に愛されて育ったと
心にひとつの曇りもなく言ってもらえるように暮らしていきたいです。


IMG_20120519_164640.jpg




スポンサーサイト
*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。