*:..。小さな日々の小さなこと..:*

  スウェーデンで過ごす日々の小さなこと。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*05*20 Fri
03:49

つれづれ日記

はつなつの花咲く季節になりました。

悠人 スウェーデン 159




















リンゴの木には満開の白い花。

悠人 スウェーデン 186



息子はオクラとおでんくんが好きという渋好みっぷりを発揮しつつ、もうすぐ9ヶ月。

カフェで隣のおばあちゃんに笑いかけたり、赤ちゃん教室で突然横の赤ちゃんの腕を掴んだり。人見知り知らずです。

悠人 スウェーデン 164


おしゃべりも増えてきて、「バーバー」と一人でよくお話しています。
たまに「ババァ」と聞こえてドキっとしたり。


何をおしゃべりしていたのか、私達の言葉を話すようになったら聞いてみよう。


そして最近の食欲ったらすごいです。
食事用のベビー椅子に座らせると、口をぱくぱくしたり
ヒナのように口を大きく開けて待っているほどの食いしん坊。



スウェーデンにはVälling(ヴェーリング)と呼ばれるベビーフードがあります。

悠人 スウェーデン 204

とろとろの液体で、原材料は全粒粉やオートなど。
ビタミンやミネラルが入っていて栄養てんこ盛り食品とされているようです。

先日、メーカーから試供品が送られてきたので試しにあげてみたところ、かなり気に入った様子。

100ccをものすごい速さで飲み干し、もっとよこせとばかりに私の腕を掴んで怒ってました(笑)


離乳食もモリモリだし、少しずつお乳離れの日を目指すことに。
なかなか一筋縄では行かないでしょうが・・。

産後すぐから今日まで、2,3日おきにできるしこり、乳腺炎、乳口炎、乳栓(乳首からゴマみたいなのが出る)などあらゆるお乳トラブルに見舞われっぱなしの授乳生活。

食事に気をつけ、体を温め、お乳に良いとされるゴボウの種を毎日飲んでも、なおトラブル続き。
しかもこのゴボウの種、多少効果はあるのですが毎回心が折れそうになるほどマズいです。

食事内容を制限してるため、体重は妊娠前より6キロ減。BMI数値16まで下がりました。とほほ。
でも食べると詰まる・・ジレンマです。

前世で私、おっぱいイジメでもしたのかなーとうつむき加減でカルマの法則を疑う今日この頃。
頭の中がおっぱいでいっぱいなトラブルとの闘いの日々についてもそのうち書きたいと思います。


なんだかとりとめのない内容になってしまいましたが、とにかく私は元気です。



元気でいてね。











*

2011*04*17 Sun
20:36

お散歩日和②

ここ数日、すっかり春の陽気のスウェーデン。

ストックホルムにあるガムラ・スタン(旧市街)を歩きました。

悠人 スウェーデン 108




お土産屋さんのある通りは大賑わい。

悠人 スウェーデン 093





ガムラ・スタンにはちっちゃな路地がたくさんあります。

悠人 スウェーデン 085




こんなトンネルがあったり。

悠人 スウェーデン 083




せまーい階段。迷路のような街です。

悠人 スウェーデン 096




アイスクリーム屋さんの前には可愛い女の子。

悠人 スウェーデン 097



ベビーカーを押しながら歩く人たちの姿もちらほら。

悠人 スウェーデン 065

子供を持つ女性も仕事をしているのが当たり前のスウェーデン。
パパも育児休暇が取れるので、こんな光景も珍しくありません。素敵です。






港を抜けてスルッセンという地区へ向かい、この日の散歩はおしまい。

悠人 スウェーデン 070



港を見ると、時々繰り返し見る夢を思い出します。

夢の中で私は今より少し年をとっています。
一人で海のそばの小さな町に住んで、魚の加工工場で働いています。

身の丈に合った小さな部屋を借りて
朝起きて、お弁当を鞄に入れて、仕事して。

ただ淡々と生活している夢です。

魚の鱗がキラキラと陽を浴びて
蜃気楼の向こうには釣りをする人々の姿。

なぜかいつも同じ情景で、妙にリアリティのある夢。



ところが最近は少し様子が違って

鞄の中から出てくるのは
お弁当ではなく、今より少し成長してる息子。

お弁当だったはずの息子は
鞄から勢いよく飛びだして、私の足元で遊び始めるのでした。



悠人 スウェーデン 106













*

2011*03*13 Sun
20:34

義援金受付 他

津波が川を逆流し、町が一瞬で濁流に飲み込まれる映像が朝から何度も流れています。

被災者の方々、余震の続く中で、被爆の恐れのある中での生活はどれだけ過酷なものだろう。

どうかどうか皆さん無事でいて下さい。





義援金受付 

どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか明記されています。ご参考まで。
http://irritantis.info/archives/652 

yahoo基金 ポイントでも募金できます。
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

CANPAN 東北地方太平洋沖地震支援基金
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/news/2011031202.html

Google crisis response 義援金の他、災害情報・消息情報の確認もできます。
http://www.google.com/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html




配信ツール

radiko.jp
東北地方太平洋沖地震への緊急対応として3月13日17時から『radiko.jp』のエリア制限解除されるそうです。
日本全国どこでも、パソコン、iPhone、スマートフォン等で『radiko.jp』が聴取可能。
http://radiko.jp

USTREAM 緊急時、日本のTVニュース配信されてます。
http://www.ustream.tv/




生存者名簿   随時更新・集約されていると思います。
https://picasaweb.google.com/tohoku.anpi





東北沖地震 震災情報サイト  災害情報を集約するためのサイトです。
http://www.sinsai.info/ushahidi/





節電ポスター どなたか印刷して街に貼って下さい。
http://setsuden.tumblr.com/






日本は遠いけど、自分なりに出来ることを探したいです。

どうか一人でも多くの方が助かりますように。


*

2011*02*02 Wed
02:19

お散歩日和

とてもいいお天気だったのでベビーカーを押して
大聖堂までお散歩に行きました。

悠人 スウェーデン 030



日頃、洗礼式が行われていたり、コンサートなどのイベントが開催されてたり
訪れる人も多い大聖堂なのですが、今日は工事中だったせいか人も少なくとても静かでした。

悠人 スウェーデン 052



訪れた人が5Krの寄付金を箱に入れて灯すキャンドルも今日は何本かひっそりと灯っているだけでした。
(いつもはもっと賑やかに灯っています。)

悠人 スウェーデン 040



この蝋人形の女性。顔のシミや血管まで細部に渡って精巧に造られていて
何度見ても一瞬本物の人間に見えてドキッとしてしまいます。

悠人 スウェーデン 046




私はキリスト教徒ではありませんが、ここに来ると
心が湖のようにしんとして、厳かな気持ちになり、傍らに神様を感じます。

この感覚に出会いたくて、ここに来るのだと思います。


息子はべビーカーに揺られ、ひたすらお昼寝していましたが
もう少し大きくなったら、一緒にゆっくり見てまわりたい場所のひとつです。



だんだん日が長くなり、16時を過ぎてもまだ明るいです。
春の空に一歩ずつ近づいているようで、嬉しくなりました。

悠人 スウェーデン 070































*

2011*01*18 Tue
09:02

きっと大丈夫。

こんにちは。

先々週、スウェーデンに戻ってきました。

帰ってきたら家の周りはビックリするほど雪が積もっていて、毎日のように除雪車が出ていました。

外に置きっ放しのたくさんの自転車も三角屋根の建物もすっぽりと雪に包まれています。

24502568_535528038_1large.jpg


そして、やっぱり、さむーい。

ただいま冬篭り中です('-'*)




そんな中、息子の四ヶ月検診へ行ってきました。


生まれて4ヶ月と15日目で、身長66�、体重6,04�でした。




体重は平均より少なめです。身長は高い方らしく、生まれたてから14�伸びました。



でも、一番すくすく伸びているのは、髪の毛。

悠人(日本) e


横はもう2回、カットしています。ふふふ。伸びるの早すぎ。


特に問題なく育っていて、一安心です。



子供を産んでから、私はすっかり臆病モノになりました。


朝起きて、この子が冷たくなっていたらどうしよう。
とか


様々な杞憂で

あっという間に頭の中はいっぱいになって、眠れなくなったりします。




そんな夜は、息子の手を握って眠ります。

小さな手は確実に温かくて、規則正しい鼓動が伝わってきて

きっと大丈夫、と思わせてくれる小さな手の大きな力に助けられて眠ります。


親が子供を守るものだと思っていたけど

すっかり私は子供に守られているなあと感じる冬の夜


今日もいのちに感謝して おやすみなさい。
















*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。